本文へ移動

はじめまして

弊社は震災に強く・地球・人・環境に優しい住宅をモットーにしています!

鉄筋コンクリート住宅
<本物の安全・安心をお届けします>
鉄筋コンクリート住宅は、地震・台風・火災・崖崩れ・津波等の天災に強い『安全』な構造です。
住宅の構造としては、最強なものと言えるでしょう。
平成7年1月17日に発生した阪神大震災(兵庫県南部地震)では、多くの尊い命が
失われました。その原因は、家屋の倒壊と火災によるものがほとんどでした。
阪神大震災により、住宅に対するニーズは大きく変わり、以前はデザイン性・コストが
重要視されていましたが、今では『安全性』が最も重要視されるようになりました。
安全面から見た時、鉄筋コンクリート住宅に勝るものはありません。
木造・鉄骨造等でも一番重要な基礎には鉄筋コンクリートを使っている事でもわかると思います。
弊社では、人々の暮らしを安全に守る事を常に心に置き現場管理に努めてまいります。


【DATA】 日本に被害を及ぼした主な地震
1854年 12月 23日 M8.4 安政東海地震
1855年 11月 11日 M6.9 安政江戸地震
1894年  6月 20日 M7.0 明治東京地震
1895年  1月 18日 M7.2 茨城県南部地震
1923年  9月  1日 M7.9 大正関東地震(関東大震災)
1995年  1月 17日 M7.3 阪神・淡路大震災
2011年  3月 11日 M9.0 東日本大震災
2016年  4月 14日 M7.3 熊本地震





鉄筋コンクリート住宅
<地球に優しい>
今、自然環境問題が地球規模で問題になっています。
地球の温暖化・熱帯雨林の木材の伐採等が大きな問題となっています。
このままだと、2030年頃には熱帯雨林は全て破壊されるだろうといわれている。
弊社の建物は、コンクリート及び鉄筋が主な資材となり、木材の使用量は、
一般木造住宅の約7分の1と限りある資源にも大きく貢献しています。

【DATA】 地球温暖化がこのまま進むと
2025年頃 世界人口の大半にあたる約50億人が水不足に陥ると言われている。
2040年頃 熱帯の植物や鳥類の25%が絶滅すると言われている。
2050年頃 平均13m/年の速さで氷河が融けているため氷河が消えてしまうと言われている。






<人に優しい>
我国は、21世紀に入り65歳以上の高齢者が急速に増加しております。
2020年には約3300万人にも達すると推定されています、つまり4人に1人が
65歳以上という、高齢化時代です。この事より住宅の『バリアフリー』仕様は
当然とされています。段差の無い床・車椅子の使用が可能な廊下や水廻り
介助をされる方も困らない広さの取れる浴室、トイレ等いろいろ上げる事があります。
弊社も、もちろん『バリアフリー』を基本としていますし、完全自由設計ですので
細かい所への心配りも可能です。
『バリアフリー』住宅は、高齢の方、お子様、障害のある方はもちろん、健常者の
方にも優しい住宅です。





<環境に優しい>
弊社で使用する建築資材のほとんどが、コンクリート及び鉄であります。
コンクリートは現場で5cmくらいの塊に砕き、この塊を加熱装置で約300℃に加熱して
細骨材・粗骨材・微粉にわけて再生します。品質は、天然骨材同等です。
鉄のリサイクルは古くから行われていて、時代と共に技術やシステムを、より高いレベルで
環境への負荷を少ないものにしています。
【鉄筋コンクリート造ノリサイクル可能率は80%以上】
【木造のリサイクル可能率は20%未満】




株式会社R・C・PLANNING
総合建設業

一級建築士事務所
〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合1002-6
TEL.048-947-7724
FAX.048-945-9824


1.鉄筋コンクリート住宅/マンション
2.リフォーム業
3.東京・埼玉・横浜

■一級建築士事務所登録番号

  (1)第9867号
■建設業登録番号 免許
  埼玉県知事(特-30)第63077

 
TOPへ戻る